NEW POST

★(その1)レンズテスト「Rollei Sonnar 40mm f3.5改〔Rollei A26〕(その1)」(α7Rにて撮影)

さて、ロシアの業者に面白いレンズがあったので取り寄せた。

Rollei Sonnar 40mm f3.5 だ。

e0291683_20455652.jpg

なんだ、ただの Sonnar じゃないか、40mm なら、Rollei 35S用 じゃないの?

と思われた方は、なかなかの Rollei通。

 しかし、Rollei 35S 用の Sonnar は開放 f2.8。これは f3.5 違う。

 実は、これは、Rollei A26 のレンズ。

 下記URLに Rollei A26 を紹介している方がいるので、ぜひご一読ください。


 フィルムは、いまや廃番の 126フィルム。画面サイズは 26mmx26mm の正方形フォーマット。
通常の 35mmライカ判 の 24mmx36mm に比べ横方向がやや小さい。

 となると、ライカ判である α7R で撮影した場合、想定しているイメージサークルを超えるため、ケラレルか?と思ったが、とりあえず撮ってみた。

e0291683_20585127.jpg

e0291683_20591592.jpg

e0291683_20594656.jpg

e0291683_21001342.jpg

e0291683_21004127.jpg

e0291683_21011733.jpg

e0291683_21014032.jpg

e0291683_21020245.jpg

e0291683_21022820.jpg

e0291683_21025235.jpg
■SONY α7R + Rollei Sonnar 40mm f3.5改(Rollei A26)

絞りがないので、すべて開放f3.5、Rawからストレート現像(露出だけ少し補正しているものもある。)

想定のイメージサークルを超えるので、周辺光量落ちは結構激しい。
しかし、Sonnar らしく、順光ではしっかり色が乗ってくる。逆光でも、結構粘って色載せてくる。

自分のイメージでは、Sonnar は結構色で勝負で線が太めな印象を持っていたのだが(先述の Rollei 35S用 とか)、このレンズは繊細な印象を受ける。同じ Sonnar でも違うもんだね。

ライカ版で使うと、結構 個性派かもしれないね。このレンズは。
ちなみに、私は、このレンズは味見だけの予定ね。

明日は、同レンズを X-T1(換算60mm)で使った作例をご紹介しようと思う。

本来のイメージサークルの中で使うと 違う印象を見せてくれるのか?お楽しみに。












[PR]
by legacy_bg5a | 2017-05-29 21:11 | Rollei Sonnar40/3.5改 | Comments(0)

NIKONがメイン機だったはずが、いつの間にやら雑食系。なんでもござれの機材馬鹿が撮った写真紹介中


by legacy_bg5a